ローグワン見た!

公開初日とはいかなかったが2日目に無事鑑賞終了。

期待と予想を裏切らないないようでありました。

 

SW好きが見れば満足間違いなし。それ以外の人が見ると、どうなんだろう?w

レッド5とか、本編リスペクトの小ネタ多数。

 

もう一回ぐらい見るかな?

スター・ウォーズ ローグワン

気がつけば明日公開じゃないか。

見に行けるかどうか微妙な所。お仕事やらなにやら。

今月は車で仙台の先に行ったり、群馬に行ったりと移動が多い月。

来週は中国北京な予定。

ライブは2月。

ふむ……。

1016ライブ終了

見てくださった方に感謝。

 

バンドの年内活動も一区切りかな?

なんか他のものもいろいろ区切りがつきそうだが^^;

 

ベースさんも加わるのか、今回だけなのかどうなのか?

凄腕ミュージシャンな方なんで、期待と不安とありますが。

デュランに文学賞

すごいな、素晴らしい。

このユーモアと、納得と。

選者に敬礼を。

カメラ

仕事場にながらく置きっぱなしだったカメラを回収。

せっかくなんで部屋でいろいろ撮ってみた。が、かなり忘れているw

カメラ自体の設定やら、光源設定やら、はてはフォトショでの調整まで。

キレーさっぱり忘れている。

撮った写真もピンが甘いやら、色がビミョーだったりで困ったもんだ。

 

しかし、久々カメラいじりはとても面白かった!

ということで、写真小僧熱がぶり返し、レンズを買ったり、リモコンシャッターを買ったり。散財。いかんな^^;

 

しかし、リモコンシャッターが200円で買えるとは…。

これで、ロートルな機種だけどもまだまだ戦える!はず。

君の名は 感想

映画「君の名は」を見てきた。

平日夜の回、地元映画館ではあったが結構な人のいりに少しビックリ。

面白かった。

 

星の声と、言の葉の庭を見たことがある、

映画館で予告編をみた、ぐらいの予備知識で鑑賞。

意外感はないけど、こうなったらいいなをちゃんと描いてくれてる感じが好感が持てる。

 

序盤、入れ替わりの突拍子のなさを、丁寧な日常描写でリアリティをもって表現。特に特徴である絵の細かさはそれをさらに引き立てる。

現実の東京のコレでもかという画は、実写でなくアニメだからこそより際立つ。反対に田舎描写は、日本人なら誰もが共感できそうな風景。原風景ってこんなだよね?というような声が聞こえてきそうだったりする。

 

で、思春期男女+SF。

このSF度合いのバランスで一般ウケするシナイはわかれるんだろうな。時かけとか。SFのFのファンタジー度合いというか、このバランス。作品内でそれを意識するか、宣伝でそれを意識するか、方法は多数あるけど今回は「なぜ?」の部分をすべてぶっ飛ばしている感じ。細かく見れば説明されているのかもしれないけど、SFは舞台装置で話の本筋はあくまで…。うまい。

 

各パートを細かく丁寧に書いて、壮大なガジェットもぶち込んで、シンプルなボーイミーツガール物に落としこむ。人類や世界を救わずに、現実は依然そこにあり日常は続くけど、ほんの少し変化する生活。

いや、面白かった。